Blog&column
ブログ・コラム

子供が歯を痛いという原因

query_builder 2022/09/01
コラム
42
子供が歯を痛がった際には「虫歯ができたのかな」と心配になるかと思います。
ですが、歯の痛みは虫歯だけが原因とは限りません。
今回は子供が歯を痛いという原因について、詳しく紹介していきたいと思います。

▼子供が歯を痛がる原因
虫歯
子供の歯は、大人に比べてエナメル質と象牙質にある歯の主成分が少なく弱いため虫歯になりやすい傾向があります。
また、子供の歯は大人のように黒い虫歯だけでなく、白い歯のままで気づかないうちにどんどん進行してしまう虫歯もありますので注意が必要です。
虫歯に気づいたら早急に受診することをおすすめします。

■知覚過敏
子供の歯は成長過程にあるためエナメル質が弱いので、知覚過敏を起こしやすい状態になっています。
歯ブラシの硬さが合っていなかったり、磨く際の力加減が強すぎたりすると知覚過敏になる場合があります。

■歯の生え変わり
歯の生え変わりは6歳前後から始まってきて、14歳ぐらいになると全ての永久歯が生え揃います。
乳歯から永久歯に生え変わるときに神経を圧迫させられることで、痛みを感じる場合があります。

■歯が折れたり、欠けたりしている
子供は体力がすごく毎日元気いっぱいです。
遊んでいる最中に転んで顔面を打ってしまうケースなど多くあります。
そのようなときに歯がかけてしまい歯の神経まで傷めてしまい歯に刺激や痛みを感じる場合があります。

▼まとめ
子供の歯の痛みの原因は虫歯だけではなく、日常生活でのさまざまな原因が考えられます。
原因をしっかりと把握したうえで正しい治療を行いましょう。

NEW

  • 休診のお知らせ

    query_builder 2022/11/01
  • お知らせ

    query_builder 2022/07/28
  • 夏季休診のお知らせ

    query_builder 2022/07/27
  • マウスガード 5

    query_builder 2022/11/22
  • マウスガード 4

    query_builder 2022/11/08

CATEGORY

ARCHIVE