Blog&column
ブログ・コラム

歯周病のレーザー治療について

query_builder 2022/04/01
コラム
30
「もしかして歯周病かもしれないけど、治療が怖い」と病気より治療法に不安を感じてしまいませんか?
どんな治療を行うにしても、事前に治療法の概要が知れれば、マイナスなイメージを払拭することも可能です。
前向きに歯周病を治すために、代表的な治療法である「レーザー治療」についてご説明させていただきます。

▼歯周病のレーザー治療
■レーザー治療とは
レーザーとは、規則性が整ったいくつもの光を一局集中して照射する器具です。
美容医療もシミやシワ取りなどにも用いられ、歯科でもレーザー治療は決して珍しいものではありません。
さらに歯周病以外にも虫歯の治療で活用することで、歯への負担を減らすことができます。

■レーザー治療のメリット
レーザー治療にはメリットがあるため、いくつかご紹介させていただきますね。

・出血を抑える
レーザーは電子レンジと同じく電磁波を用いるため、組織を温める作用があります。
切開が必要な患部へ当てることで、照射熱で組織が凝固されて止血が可能です。

・痛みを抑え麻酔の量が減らせる
レーザーで発生する熱の影響で痛みが抑えられ、麻酔を打つ量を減らすことができます。

・殺菌効果が高く傷の治りが早くなる
菌に照射すると死滅するため殺菌効果も高く、切開した患部に菌が付着するリスクが減って傷の回復も早くなります。

・歯質そのものを強くできる
歯のエナメル質にレーザーをあてると、虫歯に対する抵抗力が増して虫歯予防なりにくい歯を作れます。

▼まとめ
レーザー治療は光を照射する器具を用いた治療法で、出血や痛みを和らげて体への負担になりにくいです。
また殺菌効果も高く歯を強く保てますので、一つの選択肢としてご検討されてみてはいかがでしょうか。
虫歯や歯周病などでお困りごとがございましたら、当院へ気軽にご相談ください。

NEW

  • 咬合性外傷の原因

    query_builder 2022/06/14
  • 咬合性外傷の種類

    query_builder 2022/05/31
  • 咬合性外傷

    query_builder 2022/05/17
  • 歯周組織の構造 4

    query_builder 2022/05/03
  • 歯周組織の構造 3

    query_builder 2022/04/26

CATEGORY

ARCHIVE