Blog&column
ブログ・コラム

歯の黄ばみになるヤニの種類は?ヤニの落とし方は?

query_builder 2022/03/15
コラム
28
歯が黄ばんでいる方は、ほとんどがタバコが原因です。
タバコのヤニが黄色くなるのですが、ヤニのどんな種類が黄色くなっているのでしょうか。
そこで今回は、黄ばみの原因になるヤニの種類と落とし方について紹介します。

▼歯の黄ばみになるヤニの種類
歯の黄ばみの原因であるヤニの種類は、タールと呼ばれるものです。
このタールは黒い物質なのですが、唾液に反応して黄色くなり歯にこびりつきます。
一度付着して放置しまうとなかなか落ちないので、非常に厄介な汚れです。

ヤニの落とし方
■研磨剤入りの歯磨き粉を使う
一番効果的なのは、研磨剤入りの歯磨き粉を使用することです。
ヤニは歯にこびりついている状態なので、研磨剤を使用すればそぎ落とすことができます。

■小刻みに歯磨きする
ヤニを落とすためには、小刻みに素早くブラッシングすることが効果的です。
ヤニが付着している部分に合わせてやってみると良いでしょう。
手が疲れてしまう方は、電動歯ブラシがおすすめです。

■早めに歯磨きする
ヤニは長時間放置しておくとしつこい汚れとなってしまいます。
しかしヤニが付着してからなるべく早く歯磨きをすれば、だいたいのヤニは落ちます。

▼まとめ
歯の黄ばみになるヤニの種類は、タールです。
一度付着して放置しまうと落ちにくくなるので、早めの対処が必要です。
ヤニは研磨剤入りの歯磨き粉や小刻みな歯磨きで落とすことができます。
「トナミビルデンタルクリニック」では、ヤニの除去も行っています。
お困りの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • お知らせ

    query_builder 2022/07/28
  • 夏季休診のお知らせ

    query_builder 2022/07/27
  • 歯の外傷 2

    query_builder 2022/08/09
  • 歯の外傷

    query_builder 2022/07/26
  • 咬合性外傷の原因と症状

    query_builder 2022/07/12

CATEGORY

ARCHIVE